コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

立圃 リュウホ

7件 の用語解説(立圃の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

りゅうほ〔リフホ〕【立圃】

野々口立圃(ののぐちりゅうほ)

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

立圃【りゅうほ】

江戸前期の俳人。姓は野々口,名は親重(ちかしげ)。別号,松翁,無文。京の雛人形作りだったので,雛屋とも。はじめ猪苗代兼与に連歌を学び,のち貞徳門の俳諧に転じた。
→関連項目歳時記

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

りゅうほ【立圃】

1595‐1669(文禄4‐寛文9)
江戸前期の俳人。また,書画に巧みであった。姓は野々口,名は親重(ちかしげ),通称は伝に庄右衛門,市兵衛,宗右衛門,次郎左衛門など,別号は松翁,松斎,如入斎。雛人形の細工を業として雛屋(ひなや)と称し,紅粉(べに)染にも巧みで,紅屋,紅粉屋とも称した。京都の人。家業のかたわら,烏丸光広(からすまるみつひろ)に和歌を,猪苗代兼与(いなわしろけんよ)に連歌を学び,古典にも通じて《十帖源氏》《稚(おさな)源氏》を著した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

りゅうほ【立圃】

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

立圃
りゅうほ

野々口立圃」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

立圃
りゅうほ
(1595―1669)

江戸前期の俳人。野々口氏。名親重(ちかしげ)。通称庄右衛門。別号松翁、松斎、如入斎。京の人。家業により雛屋(ひなや)と称し、別に紅屋ともいった。貞門(ていもん)の古老的存在であったが、『犬子集(えのこしゅう)』(1633)編集の件で同門の重頼(しげより)と争い、師のもとを去り、以後独自で優雅な俳風を確立。京より江戸、福山、大坂などに移り住み、多くの門人を育て、晩年はまた京に戻った。早くより連歌や和歌を学び、古典にも精通して『源氏物語』の梗概(こうがい)書『十帖(じゅうじょう)源氏』『おさな源氏』の著もある。絵画にも優れ、その軽妙な筆致は俳画の祖と称されている。撰集(せんしゅう)に『誹諧発句(はいかいほっく)帳』『小町踊』、作法・俳論書に『はなひ草』『河船(かわぶね)付徳万歳』、句集に『そらつぶて』がある。[雲英末雄]
 天も花にゑへるか雲の乱足
『木村三四吾著『野々口立圃』(『俳句講座2 俳人評伝 上』所収・1958・明治書院)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の立圃の言及

【重頼】より

…出雲国松江の生れと伝えられるが,早くから京都に住し,撰糸(せんじ)売を営んで大文字屋を号した。貞門七俳仙に加えられるが,本来は里村南家の2代昌琢(しようたく)に連歌と俳諧を学び,北家出身の貞徳とは文学的にも感情的にもむしろ対立的関係にあり,俳諧最初の類題句集《犬子(えのこ)集》(1633)の編集をめぐって,共編者である北家出身の立圃(りゆうほ)と意見が衝突,袂を分かったのをきっかけに,貞徳との不和も表面化した。〈天性剛正ニシテ誤ヲ見テ止ル事ナシ〉(《誹家大系図》)と評された剛腹・強情な性格のために,貞室,正式(まさのり),春澄(はるずみ)ら多くの人びととの論争に明け暮れる生涯を送った。…

【俳画】より

…機知と滑稽味,卑俗,即興性,日常的題材,平明さ,軽さ,といった概念は,俳諧が短歌から派生し,貞門,談林を経て蕉風の〈軽み〉の完成に至る俳諧の本質を端的に示しているが,それはそのまま俳画の特質を指摘する言葉でもある。宗祇,宗鑑,守武ら俳諧の始祖といわれる人々や,貞門俳諧の指導者であった松永貞徳らは,俳画といえるものを遺さなかったが,貞門に学んだ立圃(りゆうほ)は,俳諧独特の機知や滑稽味を反映した作品を遺した。西鶴は即興軽口の新風を誇示したその句風をそのまま反映する即興的表現を試み,俳画に新たな展開を与えた。…

【誹諧発句帳】より

…俳諧撰集。親重(ちかしげ)(立圃(りゆうほ))編。1633年(寛永10)刊。…

【はなひ草】より

…俳諧論書。親重(ちかしげ)(立圃(りゆうほ))著。1636年(寛永13)成立。…

※「立圃」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

立圃の関連キーワード浅見左逸阿形但秀尼坂好道蒋予検半井和年顧瑛来山井筒屋朝景嵐蘭湯貽汾

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone