句数(読み)クカズ

デジタル大辞泉の解説

く‐かず【句数】

句の数。
連歌・俳諧で、百韻または歌仙一巻のうち同季・同種の句を何句まで連ねてよいか規定したもの。
連歌俳諧で、一巻を巻き終わったあと、懐紙の巻末に作者名とそのの数を記入すること。句上げ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

くかず【句数】

句の数。
連歌・俳諧で、百韻や歌仙一巻中同種の季や題材の句を何句まで続けてもよいか規定したもの。例えば連歌の百韻では春・秋・恋などは五句に、夏・冬・旅などは三句に制限される。

くすう【句数】

句のかず。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

く‐かず【句数】

〘名〙
① 句の数。
※三道(1423)「音曲の句数を定めて」
② 連歌や俳諧の一巻の中で、同季の句や同種の題材を何句まで連続してよいかをきめた規定。連歌の百韻の場合、春、秋、恋などは五句まで、夏、冬、旅、述懐などは三句までよみ続けてよい。俳諧の歌仙では、春、秋などは三句まで、夏、冬、旅、述懐などは二句までとする。くすう。
※連理秘抄(1349)「句数 春秋恋、以上五句」
③ 連歌や俳諧の一巻、または一撰集の中における、個人ごとにみた入句の数。句上(くあげ)
落書露顕(1413頃)「句数を高名する人も侍めり」

く‐すう【句数】

〘名〙 句のかず。くかず。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

キャッシュレス決済

キャッシュレス決済とは、財やサービスの対価の支払い手段として、物理的なキャッシュ(現金)である紙幣や硬貨ではなく、クレジットカードや電子マネーなどによる電子的な決済手段を用いることをいう。このキャッシ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

句数の関連情報