句数(読み)くかず

精選版 日本国語大辞典「句数」の解説

く‐かず【句数】

〘名〙
の数。
※三道(1423)「音曲の句数を定めて」
② 連歌や俳諧の一巻の中で、同季の句や同種の題材を何句まで連続してよいかをきめた規定。連歌の百韻の場合、春、秋、恋などは五句まで、夏、冬、旅、述懐などは三句までよみ続けてよい。俳諧の歌仙では、春、秋などは三句まで、夏、冬、旅、述懐などは二句までとする。くすう。
※連理秘抄(1349)「句数 春秋恋、以上五句」
③ 連歌や俳諧の一巻、または一撰集の中における、個人ごとにみた入句の数。句上(くあげ)
落書露顕(1413頃)「句数を高名する人も侍めり」

く‐すう【句数】

〘名〙 句のかず。くかず。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「句数」の解説

く‐かず【句数】

句の数。
連歌・俳諧で、百韻または歌仙一巻のうち同季・同種の句を何句まで連ねてよいか規定したもの。
連歌俳諧で、一巻を巻き終わったあと、懐紙巻末に作者名とその句の数を記入すること。句上げ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android