コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

調停離婚 ちょうていりこん

知恵蔵の解説

調停離婚

家庭裁判所の調停によって成立する離婚。協議離婚が成立しない時、当事者は、まず家庭裁判所へ離婚の調停を申し立てる。いきなり離婚訴訟(裁判)は提起できず、原則として調停を申し立て、調停離婚が成立しなかった場合に初めて裁判ができ、これを調停前置という。調停では調停委員が当事者双方の主張を聞き、調査、証拠調べをしながら話し合い、合意の上での解決を図る。離婚の合意が成立し、調停調書に記載されると、確定判決と同じ効力があり、直ちに離婚が成立する。

(吉岡寛 弁護士 / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ちょうてい‐りこん〔テウテイ‐〕【調停離婚】

当事者の申し立てにより、家庭裁判所家事調停によって成立する離婚。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ちょうていりこん【調停離婚】

家庭裁判所の調停(家事調停)によってなされる離婚。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

調停離婚
ちょうていりこん

家庭裁判所の家事調停によって成立する離婚。調停調書に記載されたときに離婚の効力は生じ、その後に行われる離婚届は報告的意味をもつ。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の調停離婚の言及

【離婚】より

…ちなみにタイ,ミャンマー(ビルマ),ベトナムやスウェーデンなどにも協議離婚の制度はあるが,裁判所等の公機関による離婚意思の確認が行われることにおいて,日本とは相違している。 日本では第2次大戦後,家庭裁判所が創設され,協議が調わない離婚についての紛争は,まず,必ず家庭裁判所の調停にかけられ(調停前置主義),そこで〈調停離婚〉が成立しないか,審判で離婚を宣せられたもの(〈審判離婚〉)が確定しなかったかの場合のみ,訴訟として〈裁判離婚〉の審理に持ち込むという新しいシステムがとられた。審判離婚は,2週間以内に異議の申立てがあれば失効する点を除けば,簡易な形をとった一種の裁判離婚であるが,調停離婚は,両当事者の離婚合意を斡旋したものであるから,その本質は協議離婚の一種といえる。…

※「調停離婚」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

調停離婚の関連キーワード判決離婚審判離婚裁判離婚親権者婚姻届

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

調停離婚の関連情報