請取状(読み)うけとりじょう

世界大百科事典 第2版の解説

うけとりじょう【請取状】

日本の中世以降の古文書。金銭,物品,文書などのさまざまなものを受け取るにあたって,請取人がその受領の証拠として差し出す文書。例えば売却田畠の代価の請取状などが普通の例である。多く短文で,〈所請如件〉〈所請取如件〉などの請取文言を有する。受領の事実とそれにともなって発生した諸義務の順守を確言する意味があり,文書様式上は請文から分化したものといえる。この点で返抄(律令制において官司の発給する行政的領収証を本来の形とした)とは区別される。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

高橋留美子

[1957~ ]漫画家。新潟の生まれ。少年及び青年向けの漫画を描く女流の第一人者。コメディータッチのSFやスラップスティック、現代の若者の恋愛など多様なジャンルを描き、絶大な人気を得る。代表作「うる星...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android