コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

請取状 うけとりじょう

世界大百科事典 第2版の解説

うけとりじょう【請取状】

日本の中世以降の古文書。金銭,物品,文書などのさまざまなものを受け取るにあたって,請取人がその受領の証拠として差し出す文書。例えば売却田畠の代価の請取状などが普通の例である。多く短文で,〈所請如件〉〈所請取如件〉などの請取文言を有する。受領の事実とそれにともなって発生した諸義務の順守を確言する意味があり,文書様式上は請文から分化したものといえる。この点で返抄(律令制において官司の発給する行政的領収証を本来の形とした)とは区別される。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

請取状の関連キーワード刀狩耳塚朱印

今日のキーワード

気が置けない

遠慮したり気をつかったりする必要がなく、心から打ち解けることができる。「―◦ない間柄」[補説]文化庁が発表した「国語に関する世論調査」で、「その人は気が置けない人ですね」を、「相手に対して気配りや遠慮...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android