コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

請取状 うけとりじょう

1件 の用語解説(請取状の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

うけとりじょう【請取状】

日本の中世以降の古文書。金銭,物品,文書などのさまざまなものを受け取るにあたって,請取人がその受領の証拠として差し出す文書。例えば売却田畠の代価の請取状などが普通の例である。多く短文で,〈所請如件〉〈所請取如件〉などの請取文言を有する。受領の事実とそれにともなって発生した諸義務の順守を確言する意味があり,文書様式上は請文から分化したものといえる。この点で返抄(律令制において官司の発給する行政的領収証を本来の形とした)とは区別される。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

請取状の関連キーワード文書請文古文書古文書学大日本古文書裏文書私文書甲州史料調査会相田二郎伊木寿一

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone