コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

年貢皆済目録 ねんぐかいさいもくろく

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

年貢皆済目録
ねんぐかいさいもくろく

単に「皆済目録」ともいう。江戸時代年貢徴収のための帳簿である地方 (じかた) 三帳 (→郷帳 , 年貢割付状 ) の一つで,年貢請取証。領主は一村の年貢を決定すると,年貢割付状をもって村方に通達し,村方はその割付状に従って年貢を数度に分割して納入した。納付が終了すると,代官は納入過程の明細を記した皆済目録を村方に渡した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ねんぐ‐かいさいもくろく【年貢皆済目録】

江戸時代、年貢を完納したときに、領主側から地方(じかた)に交付した請取書。地方三帳の一。皆済目録。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

年貢皆済目録【ねんぐかいさいもくろく】

皆済目録とも。江戸時代貢租(こうそ)納入完了により領主が1村あてに発行した受領証。年貢は数回にわたって納められたが,そのつど仮受領証が出され,納付完了の後納入明細を記して代官の名で村方に渡された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ねんぐかいさいもくろく【年貢皆済目録】

江戸時代,幕領の代官が支配村々の年貢皆済後,御殿勘定所皆済方へ提出する帳面で,年貢米金(べいきん)皆済目録ともいう。支配所の高を国・郡別や定免(じようめん)・検見(けみ)別とはせずに一括し,本途(ほんと)・見取(みとり)・高掛物(たかがかりもの)・小物成(こものなり)・口米永(くちまいえい)・諸運上分一(ぶいち)などに2升の延米(のべまい)を付し,米蔵(こめぐら)・金蔵(かねぐら)へ納めるべき米金を項目ごとに記し,石代納(こくだいのう)分は内訳して代金を記し,元払(もとばらい)勘定(収支決算)に合わせた帳面で,地方(じかた)三帳の一つ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ねんぐかいさいもくろく【年貢皆済目録】

江戸時代の地方じかた三帳の一。領主より農村に出す正規の年貢領収証。皆済目録。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

年貢皆済目録
ねんぐかいさいもくろく

江戸時代、年貢完納の証(あかし)として各村方へ出された帳簿。村方皆済目録ともいう。それらの総計を記したのが年貢米金(べいきん)皆済目録である。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

年貢皆済目録の関連キーワード年貢米金皆済目録

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android