コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

論理的誤差

人材マネジメント用語集の解説

論理的誤差

・人事評価時に評価者が陥りやすいエラーの一つである。
・評価者が論理的に考えるあまり、独立している評価項目であるにもかかわらず同一評価、もしくは類似評価してしまう傾向のことを指す。
・原因としては、評価者が分析的に考えすぎて評価項目間に関連性があると解釈してしまうことなど考えられる。
・論理的誤差は、適切な人事評価との乖離を表現する際に用いられ、人事評価時に評価者が留意する事項として捉えられている。
・論理的誤差の予防策としては、評価項目の内容・メジャーを理解すること。そして、部下の行動を観察、記録するなどして、事実を正確に把握した上で評価することが挙げられる

出典 (株)アクティブアンドカンパニー人材マネジメント用語集について 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android