論理積(読み)ロンリセキ

デジタル大辞泉「論理積」の解説

ろんり‐せき【論理積】

logical conjunction論理演算の一。二つの命題pとqがどちらも「」(または「1」)であるときだけ「真」(または「1」)になる、「pかつq」という命題、または演算のこと。合接。連言。AND(アンド)。コンピューターでこのような演算を行う論理回路においては、電流が流れる場合を「真」、流れない場合を「」と対応させ、AND回路などと呼ぶ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

ASCII.jpデジタル用語辞典「論理積」の解説

論理積

論理演算のひとつ。ANDとも呼ばれる。入力したが真なら「1」、偽なら「0」として、2つの値のの結果を出力する。2進数の計算と同じで、2つの値が「1」のときだけ、計算結果は「1」になる。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

精選版 日本国語大辞典「論理積」の解説

ろんり‐せき【論理積】

〘名〙
① 二つの命題を接続詞「かつ」またはその同義語によって結んで得られる合成命題。演算記号は「∧」。二つの命題AとBがともに真のときに限ってこの命題 A∧B は真になる。合接。
② コンピュータで、「0」と「1」の二つの値をとる入力がともに「1」のときに限って、出力が「1」となる論理的な操作。アンド。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android