コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

論理積 ろんりせき

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

論理積

論理演算のひとつ。ANDとも呼ばれる。入力したが真なら「1」、偽なら「0」として、2つの値の積の結果を出力する。2進数の計算と同じで、2つの値が「1」のときだけ、計算結果は「1」になる。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ろんり‐せき【論理積】

logical conjunction論理演算の一。二つの命題pとqがどちらも「真」(または「1」)であるときだけ「真」(または「1」)になる、「pかつq」という命題、または演算のこと。合接連言。AND(アンド)。コンピューターでこのような演算を行う論理回路においては、電流が流れる場合を「真」、流れない場合を「偽」と対応させ、AND回路などと呼ぶ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

論理積の関連キーワードロジカルオペレーションド=モルガンの定理サブネットマスクデジタル論理回路デジタル回路技術ファジィモデル否定的論理積NAND回路デコーダー論理ゲートブール代数ブール演算論理演算子保護リレー記号論理学アンド回路サブネットビット演算交換法則演算装置

今日のキーワード

118番の日

1月18日。海上保安庁への緊急通報用電話番号である「118」の啓発活動を行い、海の安全確保に努める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android