連言(読み)れんげん

大辞林 第三版の解説

れんげん【連言】

〘論〙 命題と命題を「そして」あるいは「および」に相当する記号で結合する仕方、またそれで得られた立言。論理積。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

れんげん【連言 conjunction】

論理学の用語。A,Bを二つの名詞あるいは二つの命題(文)とする。このとき,〈AそしてB〉をABの連言といい,A,Bをその連言肢という。現代論理学では,A,Bが命題であるときの〈そして〉を∧と記号化し,ABのように書く。∧のかわりに・,&等の記号を用いることもある。∧は,ABも真のときにかぎり,ABを真とする機能をもつ論理語,と定義される。論理語【坂井 秀寿】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android