コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

連言 れんげん

大辞林 第三版の解説

れんげん【連言】

〘論〙 命題と命題を「そして」あるいは「および」に相当する記号で結合する仕方、またそれで得られた立言。論理積。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

れんげん【連言 conjunction】

論理学の用語。A,Bを二つの名詞あるいは二つの命題(文)とする。このとき,〈AそしてB〉をABの連言といい,A,Bをその連言肢という。現代論理学では,A,Bが命題であるときの〈そして〉を∧と記号化し,ABのように書く。∧のかわりに・,&等の記号を用いることもある。∧は,ABも真のときにかぎり,ABを真とする機能をもつ論理語,と定義される。論理語【坂井 秀寿】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

連言の関連キーワードマール(Nikolay Yakovlevich Marr)ビクトール ビノグラードフ論理的結合子命題論理学思考心理学交換法則選言命題三段論法言語分析命題論理論理回路論理記号論理学真理表命題算論理積立言命題矛盾

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android