諸具足(読み)モログソク

デジタル大辞泉の解説

もろ‐ぐそく【諸具足】

太刀を佩(は)き、靫(ゆき)をつけ、を持った、出陣の際の完全装備の服装。
「―したる中間(ちゅうげん)五百余人、二行に列を引き」〈太平記・六〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

もろぐそく【諸具足】

戦いに出るため、太刀を身に帯び、靫ゆぎを背につけて矢を入れ、弓を持った装束。また、籠手こて・臑当すねあておよび腹当をつけた装束にもいう。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

もろ‐ぐそく【諸具足】

〘名〙 弓矢に必要な付属具の一組。左右一対の弓懸(ゆがけ)・替弦(かえづる)・弓・矢の類。また、それらを身につけること。
※太平記(14C後)六「片小手に腹当して、諸具足(モログそく)したる中間五百余人」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

カジノ解禁

石原慎太郎・東京都知事が1999年に臨海副都心のお台場への誘致を表明して以来、解禁論が何度も浮上してきた。カジノは刑法で禁止されているが、地方自治体には観光活性化や地域振興のために認めるべきだとの声が...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android