コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

諸法皆空 しょほうかいくう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

諸法皆空
しょほうかいくう

仏教用語。この現実の世界の存在は,直接的原因や間接的諸条件によって成立しているのであって,それらの存在には実体としての永続的主体はありえない,ということ。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

しょほうかいくう【諸法皆空】

〘仏〙 あらゆる存在はすべて実体が無く空であること。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の諸法皆空の言及

【菩提】より

…したがって仏教の礼拝対象は菩提を得た〈覚者〉,すなわち仏陀buddhaで,略して〈仏(ぶつ)〉という。そこでこの覚者は何を覚るかが菩提の内容になるが,それは諸法皆空,すべて存在するもの(色)には実体がない(空)という真理である。しかし諸法皆空を覚った覚者から見ると,存在するものは有も空も超越した実在そのものであるから諸法実相である。…

※「諸法皆空」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

諸法皆空の関連キーワード大般若経般若心経菩提

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android