コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

諸法皆空 しょほうかいくう

2件 の用語解説(諸法皆空の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

諸法皆空
しょほうかいくう

仏教用語。この現実の世界の存在は,直接的原因や間接的諸条件によって成立しているのであって,それらの存在には実体としての永続的主体はありえない,ということ。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内の諸法皆空の言及

【菩提】より

…したがって仏教の礼拝対象は菩提を得た〈覚者〉,すなわち仏陀buddhaで,略して〈仏(ぶつ)〉という。そこでこの覚者は何を覚るかが菩提の内容になるが,それは諸法皆空,すべて存在するもの(色)には実体がない(空)という真理である。しかし諸法皆空を覚った覚者から見ると,存在するものは有も空も超越した実在そのものであるから諸法実相である。…

※「諸法皆空」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone