コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

講談俱楽部(読み)こうだんクラブ

世界大百科事典 第2版の解説

こうだんクラブ【講談俱楽部】

1911年11月野間清治によって講談社から刊行された大衆文学雑誌。当初の講釈師講談から余儀なく〈書き講談〉に転換し,かえって後の大衆文学隆盛の気運をつくった。吉川英治はここから世に出た作家である。第2次大戦後,占領軍の封建制一掃政策を配慮して46年2月に廃刊。49年1月号から復刊し,戦後派作家も執筆陣に加えていったが,62年12月号において《小説現代》発刊を予告して廃刊した。【京谷 秀夫】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android