講銭(読み)コウセン

デジタル大辞泉 「講銭」の意味・読み・例文・類語

こう‐せん【講銭】

頼母子講たのもしこうなどの積立金分担金

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典 「講銭」の意味・読み・例文・類語

こう‐せん【講銭】

  1. 〘 名詞 〙 頼母子講その他の積立金や分担金。講の掛金講金
    1. [初出の実例]「雖天下一同之御徳政、於寺中之借銭借米講銭以下、本利悉厳重可其沙汰事」(出典:西興寺文書‐嘉吉元年(1441)一二月日・西興寺徳政壁書案)

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報 | 凡例

普及版 字通 「講銭」の読み・字形・画数・意味

【講銭】こうせん

口銭

字通「講」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

発見学習

発見という行為の習得を目指す学習。または,発見という行為を通じて学習内容を習得することを目指す学習。発見学習への着想は多くの教育理論に認められるが,一般には,ジェローム・S.ブルーナーが『教育の過程』...

発見学習の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android