コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

口銭 こうせん

5件 の用語解説(口銭の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

口銭
こうせん

「くちせん」「くちぜに」とも読む。江戸時代商業利潤。中世の問丸における問米,問銭,問丸得分などが,近世問屋の発展につれて口銭と呼ばれるようになった。その内容には仲介手数料,運賃,保管料が含まれる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

くち‐せん【口銭】

銭納による口永(くちえい)
江戸時代、問屋が荷主や買い主から徴収した仲介手数料・運送料・保管料。こうせん。

こう‐せん【口銭】

売買の仲介をした場合の手数料。コミッション。「二割の口銭を取る」
くちせん2」に同じ。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

くちせん【口銭】

取引の仲介料や手数料。こうせん。
口永くちえいのうち、銭ぜにで納めるもの。
中世末から近世、入津料または関税。

こうせん【口銭】

取引の仲立ちをした仲介手数料。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

口銭の関連キーワード判形間銭口詩さてこそしゃ進んで竹葉ぽろっと取っ秀罇

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone