コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

口銭 こうせん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

口銭
こうせん

「くちせん」「くちぜに」とも読む。江戸時代の商業利潤。中世の問丸における問米,問,問丸得分などが,近世問屋の発展につれて口銭と呼ばれるようになった。その内容には仲介手数料,運賃,保管料が含まれる。また中世末から近世には口銭は付加税の意にも用いられた。それは (1) 金納の本租の付加税で,銭をもって納めるもの (銀をもって納めるものは口銀,米をもって納めるものは口米) ,(2) 相場会所に課された売買税,(3) 中世の目銭 (めぜに,もくせん) に由来するという,入津料または関税,の意に用いられた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

くち‐せん【口銭】

銭納による口永(くちえい)
江戸時代、問屋荷主や買い主から徴収した仲介手数料運送料・保管料。こうせん。

こう‐せん【口銭】

売買の仲介をした場合の手数料。コミッション。「二割の口銭を取る」
くちせん2」に同じ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

くちせん【口銭】

取引の仲介料や手数料。こうせん。
口永くちえいのうち、銭ぜにで納めるもの。
中世末から近世、入津料または関税。

こうせん【口銭】

取引の仲立ちをした仲介手数料。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

口銭の関連キーワード黃・亢・交・仰・侯・倖・候・光・公・功・劫・効・勾・厚・口・叩・后・向・咬・哄・哮・喉・坑・垢・好・孔・孝・宏・寇・工・巧・巷・幸・広・庚・康・廣・弘・後・恆・恍・恒・恰・慌・抗・拘・控・攻・效・昂・曠・更・校・格・梗・構・江・洪・浩・淆・港・溝・狡・甲・皇・皎・皓・睾・硬・稿・紅・絞・綱・考・耕・耗・肓・肛・肯・肴・腔・膏・膠・興・航・荒・薨・虹・行・衡・講・貢・購・逅・郊・石川県かほく市高松歩合制度[漁業]口銭(こうせん)蔵元(江戸時代)口銭(くちせん)くず屋(屑屋)斎藤親基日記箱館産物会所コミッション掠り・擦り廃品回収業間銀・合銀箱館会所甲州街道飯場制度芥田文書木綿問屋委託販売平林盈淑

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android