コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

口銭 こうせん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

口銭
こうせん

「くちせん」「くちぜに」とも読む。江戸時代商業利潤。中世の問丸における問米,問銭,問丸得分などが,近世問屋の発展につれて口銭と呼ばれるようになった。その内容には仲介手数料,運賃,保管料が含まれる。また中世末から近世には口銭は付加税の意にも用いられた。それは (1) 金納の本租の付加税で,銭をもって納めるもの (銀をもって納めるものは口銀,米をもって納めるものは口米) ,(2) 相場会所に課された売買税,(3) 中世の目銭 (めぜに,もくせん) に由来するという,入津料または関税,の意に用いられた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

くち‐せん【口銭】

銭納による口永(くちえい)
江戸時代、問屋が荷主や買い主から徴収した仲介手数料・運送料・保管料。こうせん。

こう‐せん【口銭】

売買の仲介をした場合の手数料。コミッション。「二割の口銭を取る」
くちせん2」に同じ。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

くちせん【口銭】

取引の仲介料や手数料。こうせん。
口永くちえいのうち、銭ぜにで納めるもの。
中世末から近世、入津料または関税。

こうせん【口銭】

取引の仲立ちをした仲介手数料。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone