口銭(読み)こうせん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「口銭」の解説

口銭
こうせん

「くちせん」「くちぜに」とも読む。江戸時代の商業利潤中世問丸における問米,問,問丸得分などが,近世問屋発展につれて口銭と呼ばれるようになった。その内容には仲介手数料,運賃,保管料が含まれる。また中世末から近世には口銭は付加税にも用いられた。それは (1) 金納の本租の付加税で,銭をもって納めるもの (をもって納めるものは口銀,米をもって納めるものは口米) ,(2) 相場会所に課された売買税,(3) 中世の目銭 (めぜに,もくせん) に由来するという,入津料または関税,の意に用いられた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉「口銭」の解説

こう‐せん【口銭】

売買の仲介をした場合の手数料。コミッション。「二割の口銭を取る」
くちせん2」に同じ。

くち‐せん【口銭】

銭納による口永(くちえい)
江戸時代、問屋が荷主や買い主から徴収した仲介手数料・運送料・保管料。こうせん。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「口銭」の解説

こう‐せん【口銭】

① 江戸時代、問屋、仲買が生産者や荷主から徴収する手数料をいう。運送料、保管料、仲介手数料、資本利子、危険負担に対する報酬の意味をもつ。「くちせん」「くちぜに」とも称した。
※俳諧・鷹筑波(1638)五「思ひのままにとるは口銭 国を治め本意達(たつす)る陶朱公〈還跡〉」
② 売買のなかだちをした手数料。コミッション。
※いろは新聞‐明治一五年(1882)一月一七日「外国館へ断りて一切此口銭を出さぬ訳に議定して」
③ 人数に応じて課せられる税金。口前(くちまえ)。〔漢書‐貢禹伝〕

くち‐せん【口銭】

〘名〙
① 江戸時代、年貢が金銀銭で納められる場合に付加税として徴収された銭。一貫文につき三十文ので徴収され、はじめは代官が収納して役所の費用にあてたが、享保一〇年(一七二五)以降は幕府に収められた。口永(くちえい)。くちぜに。
※俳諧・鷹筑波(1638)五「思ひのままにとるは口銭 国を治め本意達る陶朱公(たうしゅこう)〈還跡〉」
② 商業取引で、仲介した商人の得る報酬。こうせん。
③ 中世末から近世、船舶が入港する際に支払う料金。または、関税。

くち‐ぜに【口銭】

〘名〙 =くちせん(口銭)

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ゴールデンカムイ

「週刊ヤングジャンプ」(集英社発行)で2014年38号より連載されている北海道出身の漫画家・野田サトルの漫画作品。日露戦争の帰還兵である杉元佐一が北海道で一攫千金を目指して繰り広げる冒険劇で、作中のア...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android