コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

謝名鄭迵 じゃなていどう

世界大百科事典 第2版の解説

じゃなていどう【謝名鄭迵】

1545‐1611
琉球王国の政治家。一般に謝名親方利山(じやなうえかたりざん)の名で知られ,鄭迵は中国名。琉球に移住した中国人の名家に生まれ,国子監に留学したあと王府最高のポストである三司官に就任した。対日本外交の上で強硬論を唱え,1609年の島津侵入事件(琉球征服)により王国が征服されるや国王尚寧とともに鹿児島に連行された。だが,薩摩の統治方針に署名することをただ一人拒否,王国の名誉を固持したまま薩摩の斬首刑に従った。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

謝名鄭迵の関連キーワード天文学史(年表)チェリーニルートウィヒトリエント公会議ファルネーゼ植物園パウルス(3世)パレ鳥谷敬ポトシ

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android