コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

尚寧 しょうねい

大辞林 第三版の解説

しょうねい【尚寧】

1564~1620) 琉球王国の国王。第二尚氏王統七代の王(在位1589~1620)。1609年薩摩の侵入を受け、敗戦して奄美地方を失い、琉球は薩摩の従属国となった。遺言により、王家の墓(玉陵)でなく浦添うらそえに葬られた。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

朝日日本歴史人物事典の解説

尚寧

没年:尚寧32.9.19(1620.10.14)
生年:尚元9(1564)
日本の幕藩体制の成立期に薩摩の島津氏の侵攻を受けることになった琉球王国第二尚氏(尚円王統)7代目の国王。前国王尚永の妹首里大君加那志の子で,尚永に嗣子がなかったために王統を継ぎ,尚永の長女阿応理屋恵按司を妃とする。尚寧1(1589)年に即位したが,この年は九州制覇の業を進めていた島津氏が豊臣秀吉に降り,琉球の歴史にとっても転換点となった。以後,秀吉の恫喝に満ちた来聘要求が島津氏を通じて続くことになり,尚寧はやむなく同年に使僧を派遣した。これを受けて,秀吉は天正19(1591)年の「唐入り」の動員令で琉球国を島津氏の「与力」に付したが,尚寧は課された兵糧米をすべて供出することはせず,また秀吉軍の動向を中国(明朝)に伝えるなど,抵抗の姿勢を示した。一方,豊臣氏に替わって政権の座についた徳川家康も,尚寧に明国との勘合の復活を仲介させるべく,来聘を促した。しかし,尚寧は家康の要求にも積極的に応じる態度をみせず,ついに尚寧21(1609)年4月には鉄砲を主力とする島津軍の侵攻を蒙ることになった。翌年8月から9月にかけて,島津家久に伴われた尚寧が,駿府の家康,江戸の将軍秀忠に拝謁するにおよんで,琉球国の幕藩制国家に対する従属が名実ともに成立することになった。同32年に没したとき,その遺骸が尚円王統の歴代の墓陵(玉陵)にではなく,浦添城崖下の英祖王陵に相隣りして葬られたのは,国辱を招いたことを恥じた尚寧の遺言によると伝えられる。<参考文献>上原兼善「平和外交を希求した南国港市のエネルギー」(『港湾にみなぎる進取の気風』)

(上原兼善)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しょうねい【尚寧】

1564‐1620
琉球王国の国王。王尚永に世継ぎがなく,1589年迎えられて第二尚氏王朝7代目の王となった。1606年中国(明)皇帝の名において派遣された使節により冊封をうけた。おりしも日本との外交関係は危機的状況を迎えていたが,09年(慶長14)春,薩摩島津氏はついに3000の兵をもって琉球を侵略したが,琉球側には戦意がなく,ほとんど戦うことなく無条件降伏を余儀なくされた。その年尚寧は鹿児島に重臣とともに連行された(琉球征服島津侵入事件)。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

尚寧
しょうねい
(1564―1620)

薩摩(さつま)軍の侵略を被ったときの琉球(りゅうきゅう)国王。第二尚氏王朝6代尚永(しょうえい)には嗣子(しし)がなく、1589年、王族の一つ浦添按司(うらそえあんじ)家から迎えられて7代目の王となり、1606年、明(みん)皇帝神宗(しんそう)の派遣した夏子陽(かしよう)の手で冊封(さくほう)を受けた。しかし3年後の1609年、琉球支配の宿願を果たすべく兵3000を琉球に送った薩摩藩主島津家久(しまづいえひさ)により征服された(島津侵入事件)。尚寧は重臣ともども鹿児島に連行され、その後駿府(すんぷ)で徳川家康に、また江戸で2代将軍秀忠(ひでただ)に謁見したのち、薩摩の琉球支配の基本方針を受諾して2年後に帰国を許された。王国の前途多難に思いをはせつつ1620年9月19日死去。歴代国王の眠る玉御殿(たまうどぅん)(玉陵)にではなく、一族の眠る浦添ヨウドレの東室(とうしつ)(俗に尚寧王陵という)に葬られた。[高良倉吉]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の尚寧の言及

【喜安】より

…喜安入道蕃元と称した。泉州堺の出身で1600年(慶長5)琉球に渡り,時の尚寧王に茶道をもって仕えた。09年,薩摩島津氏3000の兵により琉球が征服されたとき,薩摩軍との講和の大任をおびて奔走し,捕虜として鹿児島に連行された尚寧王と行をともにした。…

【琉球】より

…1609年(慶長14)薩摩軍3000余は戦意のうすい琉球に侵入しこれを征服した。時の王尚寧(しようねい)は臣下ともども薩摩に連行され,薩摩への忠誠を誓ったのち帰国を許された。これにより,独立の貿易国家として発展してきた琉球王国は新しい時勢を迎えることになった(琉球征服)。…

※「尚寧」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

尚寧の関連キーワード薩摩藩の琉球侵攻沖縄県浦添市おもろさうし椿説弓張月城間清豊浦添城跡琉球漆器儀間真常謝名鄭迵野国総管国頭正則国頭正弥尊円城間浦添市尚豊王向象賢中山王従属国尚寧王自了

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android