コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鄭迵 てい どう

2件 の用語解説(鄭迵の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

鄭迵 てい-どう

?-1611 琉球の政治家。
琉球に移住した中国人の名家に生まれ,明(みん)(中国)の国子監に留学。1606年(慶長11)三司官となり,反薩摩(さつま)政策をとる。1609年薩摩の琉球侵略の際に捕らえられ,尚寧(しょうねい)王とともに鹿児島に連行される。薩摩に対する誓約を拒否し,尚寧王23年9月19日斬首に処された。久米村出身。通称は謝名親方(じゃなうえーかた)。字(あざな)は利山。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説


ていどう
(?―1611)

琉球(りゅうきゅう)王国の政治家。鄭は唐名(とうめい)。琉球風の名のりは謝名親方(じゃなうぇーかた)、字(あざな)は利山(りざん)。琉球に帰化した中国人の居留区久米村の出で、官生(かんしょう)(留学生)や使節などの形でしばしば中国に赴いた。1606年(慶長11)三司官となり、薩摩(さつま)が奄美(あまみ)大島出兵計画をたてたり、徳川家康より琉球出兵の許可を得たりするなど戦雲急を告げる時局下で、対薩摩・幕府に対する強硬派のリーダーとなった。09年、島津侵入事件で王国が敗れると、国王とともに鹿児島に連行された。幽囚中、琉球救援を訴えた中国あての密書を長崎経由で送るなど強硬派の姿勢を崩さなかった。慶長(けいちょう)16年9月19日、薩摩支配に従う趣旨の起請文(きしょうもん)にただ1人署名を拒否、薩摩の手で斬首(ざんしゅ)に処せられた。[高良倉吉]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

鄭迵の関連キーワード琉球松琉球の風池城安規浦添朝忠亀川盛武幸地朝常尚泰王富川盛奎謝名鄭迵琉球征服

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone