警備業法(読み)けいびぎょうほう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

警備業法
けいびぎょうほう

昭和 47年法律 117号。警備業について必要な規制を定め,警備業務の実施の適正をはかるための法律。警備業を営む者は,欠格要件に該当しないことについて都道府県公安委員会の認定を受けなければならず,特に機械警備業を営む警備業者は公安委員会に一定事項を届け出ることが義務づけられている。このほか,警備業務実施上の義務,教育などについても規定されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ミレニアル世代

《millennialは、千年紀の、の意》米国で、2000年代に成人あるいは社会人になる世代。1980年代から2000年代初頭までに生まれた人をいうことが多く、ベビーブーマーの子世代にあたるY世代やデ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

警備業法の関連情報