警戒線(読み)ケイカイセン

デジタル大辞泉の解説

けいかい‐せん【警戒線】

河川などで、洪水の危険水位を示す線。「川の水かさが警戒線を越える」
非常線」に同じ。「警戒線突破する」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

けいかい‐せん【警戒線】

〘名〙
① 河川などで、洪水の危険水位を示す線。
② 敵の進入を警戒するために配置した歩哨(ほしょう)兵の列。歩哨線。
※歩兵操典(1928)第三二三「警戒線内に潜入せる敵に対し主陣地を掩蔽し」
③ 近寄ると危険であるとして、立ち入りを禁じる地域を示す線。
※LIBER STUDIORUM(1930)〈寺田寅彦〉一「野良犬がトボトボと、人間には許されぬ警戒線を越えて〈略〉近寄って行くのが見えた」
④ 犯罪事件で犯人を捜査するため、一定の区域、または要所に警察官を配置するもの。非常線。
※秋の朝光のなかで(1974)〈辻邦生〉「河向うも、都市のほうも、もう警戒線が敷かれているんですよ」
⑤ 岩礁の多い海域の危険な範囲を海図に表示した線。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ミュージックの日

3月19日。1991年、日本音楽家ユニオンが制定。音楽家・ミュージシャンの現状の理解を求め、改善に向けてのPRイベントを行う。日付は「319(ミュージック)」の語呂合わせから。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

警戒線の関連情報