歩哨(読み)ほしょう

精選版 日本国語大辞典「歩哨」の解説

ほ‐しょう ‥セウ【歩哨】

〘名〙 軍隊で、警戒や見張りの任にあたること。また、その兵士。哨兵
※不如帰(1898‐99)〈徳富蘆花〉下「舎営の門口の晃めく歩(ホセウ)銃剣

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「歩哨」の解説

ほ‐しょう〔‐セウ〕【歩×哨】

軍隊で、警戒・監視の任に当たること。また、その兵。「歩哨に立つ」
[類語]哨兵衛兵番兵衛卒軍人兵士兵隊兵卒つわもの戦士闘士戦闘員従卒士卒将卒精兵弱兵雑兵ぞうひょう新兵初年兵古兵ふるつわもの老兵敵兵・敗残兵・伏兵斥候歩兵騎兵砲兵工兵水兵海兵セーラー憲兵

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

物言う株主

上場企業の経営に自らの考えを表明して積極的に関わる株主。株主総会で独自の議案を提出したり、役員などを送り込んだりして経営改革を迫ることもある。アクティビスト。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android