コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

非常線 ヒジョウセン

デジタル大辞泉の解説

ひじょう‐せん〔ヒジヤウ‐〕【非常線】

重大な犯罪や災害などが発生したときに、一定の区域に警官を配置して検問通行禁止などを行う警戒態勢。警戒線。「非常線を張る」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ひじょうせん【非常線】

犯罪事件などが起こったとき、警官を配置して一定の区域内の通行・出入りを禁じたり、厳重に検問したりする警備態勢。警戒線。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

非常線の関連キーワードスタンバーグ探偵うどん田中 絹代マキノ雅広小津安二郎天知 茂髪結い天知茂出入り道道

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

非常線の関連情報