非常線(読み)ヒジョウセン

大辞林 第三版の解説

ひじょうせん【非常線】

犯罪事件などが起こったとき、警官を配置して一定の区域内の通行・出入りを禁じたり、厳重に検問したりする警備態勢。警戒線。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ひじょう‐せん ヒジャウ‥【非常線】

〘名〙 犯罪事件、火災などが発生した時、犯人の逃亡や一般民衆の立入りなどを阻止するために地域を限定して行なわれる厳重な警戒態勢。特に、その地域に通じる交通路に多数の人員を配置して行なわれる検問をいう。
※朝野新聞‐明治二二年(1889)一月一日「一昨年末は保安条例実施に付き一月までも非常線(ヒジャウセン)を張るなど特に繁忙なりしが」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

非常線の関連情報