警手(読み)ケイシュ

精選版 日本国語大辞典の解説

けい‐しゅ【警手】

〘名〙
※真空地帯(1952)〈野間宏〉五「護送の警手は石切の停留場をおりて」
② 事故防止の任にあたる鉄道職員。特に、踏切の番人。
※旅‐昭和五年(1930)八月号・誌上封切『超特急』〈松山慎二〉「警手が『〈略〉改札を初めます』と布(ふ)れて歩く」
③ もと、宮内省主殿寮警察部に属し、皇居や皇室の人々の警護にあたったもの。皇宮警手。
※風俗画報‐一七三号(1898)皇居御造営所拝観記「此処左に一堂あり。是れ皇居警手の誥所なりと云」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報