コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

議会休会中任命 ぎかいきゅうかいちゅうにんめいrecess appointment

知恵蔵の解説

議会休会中任命

連邦議会の休会中に大統領が議会の承認なしで政府高官を任命すること。上院の承認を得にくいと予想される時に行われることが多い。2005年3月ブッシュ大統領はジョン・ボルトン国務次官補(軍備担当)を国連大使に指名したが、彼が対北朝鮮強硬派であり、また米国の国益のための国連「改革」を強行すると見られるため、民主党のフィリバスター(filibuster、引きのばし戦術)などにより上院の承認は難航した。議会が夏季休会に入った直後の05年8月1日、ブッシュ大統領はボルトンを国連大使に任命、彼は即日赴任した。この任命は合衆国憲法第2条第2節3項の規定によるもので、上院の承認は不要となる。任期は第2会期の終わりの07年1月までで、2年を超えることはできない。ブッシュ大統領は議会休会中任命を、第1期目に110回(そのうち正規のポストは66回)行っているが、国連大使レベルの高官は初めて。過去にも、レーガン大統領は240回(うち正規ポスト116回)、父ブッシュ大統領は77回(同18回)、クリントン大統領は140回(同95回)、同様の任命を行った。こうした任命は議会の承認をバイパスするために三権分立の観点から大統領権限の乱用という主張もある。

(細谷正宏 同志社大学大学院アメリカ研究科教授 / 2007年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android