コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

谷口ジロー たにぐち ジロー

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

谷口ジロー たにぐち-ジロー

1947- 昭和後期-平成時代の漫画家。
昭和22年8月14日生まれ。昭和41年石川球太のアシスタントになり,46年「嗄れた部屋」でデビュー。のち上村一夫アシスタントをへて独立。平成4年「犬を飼う」で小学館漫画賞審査委員特別賞,5年「『坊っちゃん』の時代」(原作・関川夏央)で日本漫画家協会賞優秀賞,11年「遥かな町へ」で文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞,13年「神々の山嶺」(原作・夢枕獏)で文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞などを受賞,海外でも評価がたかい。作品はほかに「事件屋稼業」(原作・関川夏央),「父の暦」など。23年フランス芸術文化勲章シュバリエを受章。鳥取県出身。鳥取商業高卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

谷口ジローの関連キーワードアングレーム国際マンガフェスティバル坊っちゃんの時代手塚治虫文化賞センセイの鞄孤独のグルメ事件屋家業夜食テロブランカ神の犬

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

谷口ジローの関連情報