谷口ジロー(読み)たにぐち ジロー

  • 谷口ジロー たにぐち-ジロー

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

1947- 昭和後期-平成時代の漫画家。
昭和22年8月14日生まれ。昭和41年石川球太のアシスタントになり,46年「嗄れた部屋」でデビュー。のち上村一夫アシスタントをへて独立。平成4年「犬を飼う」で小学館漫画賞審査委員特別賞,5年「『坊っちゃん』の時代」(原作関川夏央)で日本漫画家協会賞優秀賞,11年「遥かな町へ」で文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞,13年「神々の山嶺」(原作・夢枕獏)で文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞などを受賞,海外でも評価がたかい。作品はほかに「事件屋稼業」(原作・関川夏央),「父の暦」など。23年フランス芸術文化勲章シュバリエを受章。鳥取県出身。鳥取商業高卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

谷口ジローの関連情報