コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

谷永 こくえい Gǔ Yŏng

1件 の用語解説(谷永の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

こくえい【谷永 Gǔ Yŏng】

?‐前8
中国,前漢成帝時代の政治家。字は子雲。長安の人。経学の中でも天文,易学に精通し,災異を論ずることを得意とした。前30年に方正直言に推挙され,日食や地震から成帝の失政をいさめたが,他方当時の権力者である大将軍王鳳の執政を弁護して彼の気をひき,光禄大夫となった。太守から大司農を歴任し,その間に40余たび上書して意見を具申したが,成帝からは外戚王氏の与党とみなされ,あまり信任されなかった。【永田 英正】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

谷永の関連キーワード塩鉄論王導王莽霍光周勃陳平于定国桓寛

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

谷永の関連情報