コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

谷秋香 たに しゅうこう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

谷秋香 たに-しゅうこう

1772-1832 江戸時代後期の画家。
安永元年生まれ。谷麓谷(ろっこく)の娘。谷文晁(ぶんちょう)の妹で,儒者中田粲堂(さんどう)の妻。妹の紅藍(こうらん)とともに,山水画にすぐれた。天保(てんぽう)3年5月16日死去。61歳。名は志夫子。字(あざな)は小香。通称はしう。別号に舜英。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

谷秋香の関連キーワードスマローコフ噺本蕪村ハモンドハモンドアービング(Washington Irving)バルザックジョン・L.L.B. ハモンド本多髷工藤平助

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android