コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

谷篠山 たに じょうざん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

谷篠山 たに-じょうざん

1842-1900 明治時代の教育者。
天保(てんぽう)13年生まれ。安芸(あき)(広島県)の石井豊洲(ほうしゅう),備中(びっちゅう)(岡山県)興譲館阪谷朗廬(さかたに-ろうろ)にまなぶ。明治2年郷里の安芸賀茂郡(かもぐん)荘野(しようの)村に郷校敦篤堂を創立。晩年国学者片岡正占(まさうら)に師事し,神職となった。明治33年11月12日死去。59歳。名は六蔵。字(あざな)は元啓。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

谷篠山の関連キーワードアンダーソンゴーゴリポー(Edgar Allan Poe)ワーグナー(Wilhelm Richard Wagner)下水道フロイト[各個指定]工芸技術部門アンダーソン冒険小説オセアニア史(年表)

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android