コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

石井豊洲 いしい ほうしゅう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

石井豊洲 いしい-ほうしゅう

1776-1862 江戸時代後期の儒者。
安永5年生まれ。安芸(あき)(広島県)竹原の人。頼(らい)春水に師事し,その長男の山陽と親交をもつ。京都にでて尾藤二洲(びとう-じしゅう)にまなび,備後(びんご)(広島県)三原城主浅野氏に二十余年つかえる。のち郷里にかえり,春水の弟春風と竹原書院を開設。文久2年8月10日死去。87歳。名は威臣(信)。字(あざな)は儀卿。通称は儀右衛門。著作に「丁卯游志(ていぼうゆうし)」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

石井豊洲の関連キーワード香川多仲沼田竹渓谷篠山

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android