コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

石井豊洲 いしい ほうしゅう

1件 の用語解説(石井豊洲の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

石井豊洲 いしい-ほうしゅう

1776-1862 江戸時代後期の儒者。
安永5年生まれ。安芸(あき)(広島県)竹原の人。頼(らい)春水に師事し,その長男の山陽と親交をもつ。京都にでて尾藤二洲(びとう-じしゅう)にまなび,備後(びんご)(広島県)三原城主浅野氏に二十余年つかえる。のち郷里にかえり,春水の弟春風と竹原書院を開設。文久2年8月10日死去。87歳。名は威臣(信)。字(あざな)は儀卿。通称は儀右衛門。著作に「丁卯游志(ていぼうゆうし)」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

石井豊洲の関連キーワードアメリカ史藩学一覧サイゴン条約黒住教上田秋成ゴローニンフレーザー谷川士清有馬新七ウィリス

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone