コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

阪谷朗廬 さかたに ろうろ

2件 の用語解説(阪谷朗廬の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

阪谷朗廬 さかたに-ろうろ

1822-1881 江戸後期-明治時代の漢学者。
文政5年11月17日生まれ。阪谷芳郎の父。大坂で大塩平八郎,江戸で昌谷(さかや)精渓らにまなび,郷里の備中(びっちゅう)(岡山県)にかえって,郷校の興譲館館長となる。維新後は陸軍省,文部省,司法省などにつとめた。明六社同人,東京学士会院会員。明治14年1月15日死去。60歳。名は素(しろし)。字(あざな)は子絢(しけん)。通称は素三郎,希八郎。著作に「朗廬文鈔(ぶんしょう)」「田舎話」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

阪谷朗廬
さかたにろうろ
(1822―1881)

幕末維新期の儒学者で、明六社(めいろくしゃ)の最年長の同人。本名素(しろし)、字(あざな)は子絢(しけん)。備中国(びっちゅうのくに)(岡山県)川上郡日里村(現、井原(いばら)市)の旧家の三男として生まれる。幼時より漢学を修め、大塩平八郎の洗心洞(せんしんどう)に入門。のち江戸に出て昌平黌(しょうへいこう)教授古賀(こがどうあん)(1788―1847)の久敬舎に学び、庵の晩年には塾頭を務めた。1853年(嘉永6)郷里に新たに設立された郷校(ごうこう)興譲館(こうじょうかん)の督学に迎えられ、維新までの十数年間、教育に専念。碩儒(せきじゅ)朗廬の名はしだいに高まり、水戸の弘道館(こうどうかん)、萩(はぎ)の明倫館とともに天下三館と称されるに至った。1871年(明治4)秋、廃藩置県後、東京に転居、これより約10年間、維新政府に下級官吏として出仕。1874年明六社に参加。1878年12月東京学士院会の互選会員に選出された。[田代和久]
『阪谷素子絢著『朗廬全集』全1巻(1893・阪谷芳郎) ▽高橋昌郎「明六社員阪谷素について」(『坂本太郎博士頌寿記念日本史学論集(下)』所収・1983・吉川弘文館)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

阪谷朗廬の関連キーワード呉来安関直吉岱阿高橋確斎椿月杵遠山弘湖都静館田鶴丸花沢伊左衛門(3代)村瀬双石山田潮月

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone