コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

興譲館(読み)こうじょうかん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

興譲館
こうじょうかん

米沢藩の藩校。元禄 10 (1697) 年上杉綱憲が儒医矢尾板三郎の邸内に一学舎を設けて管理させたのに始る。のち衰微したが,安永5 (1776) 年上杉治憲再興をはかり,新たに塾舎を建てて興譲館と名づけた。明治維新後さらに制度を整え,洋学などが大いに行われたが,学制頒布に伴い明治5 (1872) 年 10月廃校。なお,肥前国小城藩,周防国徳山藩などにも同名の藩校があった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

興譲館【こうじょうかん】

米沢藩の藩校。1776年上杉治憲鷹山)が細井平洲を指導者とし従前からあった学校施設を再編して発足させた。1806年以後朱子学を学風としたが,明治維新で廃校。ほかに肥前小城藩,周防(すおう)徳山藩などに同名の藩校があった。
→関連項目平田東助

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

こうじょうかん【興譲館】

米沢藩の藩校。1697年創設の藩校を、1776年藩主上杉治憲(鷹山ようざん)が儒学者細井平洲を招いて再興し、興譲館と称した。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

興譲館
こうじょうかん

江戸時代、羽前(うぜん)米沢(よねざわ)藩(上杉家)の藩学。1697年(元禄10)藩主通憲(みちのり)のとき藩校を創立。のち治憲(はるのり)(鷹山(ようざん))が藩政改革の一環として、1776年(安永5)藩学を整備し、新校舎も建設、校名を定めて再興した。儒学者細井平洲(ほそいへいしゅう)を招き講義をさせ学事興隆をみた。漢学、筆道、習礼を教え、藩士から選抜された塾生20名を中心に士庶の聴講を許した。その後、1783年(天明3)館内に友于(ゆうう)堂を建て、通学生のために博習局を開いて教授した。また1806年(文化3)好生堂を建て、本草(ほんぞう)学を教えた。1824年(文政7)からは医学をも開講、蘭方(らんぽう)も講じた。1871年(明治4)閉校。[木槻哲夫]
『『日本教育史資料 1・5』(1890・文部省) ▽杉原謙著「米沢藩と興譲館」(『藩学史談』所収・1943・文松堂書店)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

諂う/諛う

[動ワ五(ハ四)]人の気に入るように振る舞う。また、お世辞を言う。おもねる。追従(ついしょう)する。「上司に―・う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

興譲館の関連情報