コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

谷那庚受 こくな こうじゅ

1件 の用語解説(谷那庚受の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

谷那庚受 こくな-こうじゅ

?-? 奈良時代の官吏。
神亀(じんき)元年(724)難波連(なにわのむらじ)の姓(かばね)をあたえられる。「新撰姓氏録」には高麗国(こまのくに)(朝鮮)好太王(広開土王)の子孫とあり,「藤氏家伝」にはすぐれた陰陽師(おんようじ)のひとりとある。名は康受とも。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

谷那庚受の関連キーワード阿倍駿河石川足人石上堅魚宇努男人小治田安麻呂佐伯児屋麻呂泰演(1)葛井大成宗形鳥麻呂桉作益人

今日のキーワード

プレミアムフライデー

経済産業省と日本経済団体連合会などの経済界の団体が個人消費を喚起するため、毎月末の金曜日に午後3時をめどに仕事を終えるよう企業に対応を呼びかけるキャンペーンの名称。2016年12月12日、政府と経済界...

続きを読む

コトバンク for iPhone