コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

豆を煮るに萁をたく マメヲニルニマメガラヲタク

デジタル大辞泉の解説

豆(まめ)を煮るに萁(まめがら)をたく

《魏の曹植(そうしょく)が兄の曹丕(そうひ)文帝)から、七歩あゆむ間に詩を作らねば罰すると言われ、「まめがらは釜の下にあって燃え、豆は釜中(ふちゅう)にあって泣く、本これ同根より生ず」と歌ったという「世説新語」の故事から》兄弟・仲間どうしが傷つけ合うことのたとえ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

まめをにるにまめがらをたく【豆を煮るに萁をたく】

〔曹植「七歩詩」〕
豆を煮るのにそのからを燃料に用いるの意で、兄弟どうしが互いに傷つけあうことのたとえ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

豆を煮るに萁をたくの関連キーワード豆・荳・菽曹丕燃料曹植

今日のキーワード

書類送検

警察から検察官に対して事件を送致する場合 (送検) ,捜査に当たり逮捕した被疑者の身柄を引き続き拘束しておく必要があるときは書類,証拠物とともに身柄を送致するが,もともと逮捕しなかったり,一度逮捕した...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android