コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

豆太鼓 マメダイコ

デジタル大辞泉の解説

まめ‐だいこ【豆太鼓】

柄のついた小さな紙張りの太鼓の玩具両側から糸を出し、その先に豆をつけて、振れば鳴るようにしたもの。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

デジタル大辞泉プラスの解説

豆太鼓

鹿児島県の郷土玩具初鼓」の別称。糸で吊るした豆で音を鳴らすことから。

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

大辞林 第三版の解説

まめだいこ【豆太鼓】

糸先に大豆をつけたでんでん太鼓。
歌舞伎の下座げざ音楽に用いる楽器の一。玩具の平丸太鼓二個を枠にはめて打つ。子供が主の踊りに用いる。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の豆太鼓の言及

【太鼓】より

…そのほか,雅楽の〈楽太鼓〉を,〈平丸太鼓〉〈平釣(ひらづり)太鼓〉とも称して用い,民俗芸能の楽器であった,枠なし長胴締太鼓の〈桶胴〉や,枠付き長胴締太鼓の〈大拍子(だいびようし)〉,さらに,鋲打ち短胴で柄の付いた〈柄太鼓(えだいこ)〉,前述の〈団扇太鼓〉などの柄付太鼓(この両者とも,日蓮宗で題目を唱えるときに用いられるが,歌舞伎でとくに〈題目太鼓〉と称するときは,〈柄太鼓〉の方をいうことが多い)なども用いるほか,さまざまな組合せや,改良・転用の結果,独自の太鼓類が数多く開発されてきた。また,寄席(よせ)の囃子は,歌舞伎の囃子を利用しているが,平丸太鼓の小型の〈豆太鼓〉のように寄席独自に開発したものもさまざまにある。 民俗芸能では,上記の歌舞伎囃子に転用されたもの以外に,多種多様な太鼓類があって,その名称も一定しないが,ほとんど単に〈たいこ〉と称することが多い。…

※「豆太鼓」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

豆太鼓の関連キーワードでんでん太鼓与次郎兵衛朝倉(市)鹿児島県六斎念仏銭太鼓フグ下座

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android