豊倉 康夫(読み)トヨクラ ヤスオ

20世紀日本人名事典の解説

豊倉 康夫
トヨクラ ヤスオ

昭和・平成期の神経内科学者 東京大学名誉教授;東京都老人医療センター名誉院長。



生年
大正12(1923)年4月30日

没年
平成15(2003)年6月19日

出生地
熊本県

学歴〔年〕
東京帝国大学医学部臨床医学科〔昭和22年〕卒

学位〔年〕
医学博士

主な受賞名〔年〕
朝日学術奨励金,紫綬褒章〔昭和62年〕,勲三等旭日中綬章〔平成5年〕

経歴
昭和39年東京大学医学部教授。59年退官し、名誉教授。同年東京都老人医療センター院長。難治性神経疾患の研究に携わる。1960年代後半に社会問題となった薬害“スモン”の命名者で、45年胃腸薬・キノホルムの服用によって緑毛舌、緑色屎尿など様々な症状が発生することを突き止め、同病解明のきっかけを作った。また筋萎縮性側索硬化症(ALS)の病態解明にも貢献した。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

新華社

中華人民共和国の国営通信社。新華通訊社が正式名称。 1931年延安で創立され,48年北京に移り,現在は政府国務院新聞総署の管轄下にある。特に文化大革命以後は重要度が高まり,党と政府の発表はここを通じて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android