豊口 克平(読み)トヨグチ カツヘイ

20世紀日本人名事典「豊口 克平」の解説

豊口 克平
トヨグチ カツヘイ

昭和・平成期のインダストリアルデザイナー 豊口デザイン研究所会長;武蔵野美術大学名誉教授。



生年
明治38(1905)年11月16日

没年
平成3(1991)年7月18日

出生地
秋田県鹿角市

出身地
秋田市

学歴〔年〕
東京高等工芸学校工芸図案科〔昭和3年〕卒

主な受賞名〔年〕
内閣総理大臣表彰〔昭和46年〕,勲三等瑞宝章〔昭和51年〕,国井喜太郎賞特別賞(第3回)

経歴
昭和3年蔵田周忠らと「型而工房」を結成。8年商工省に入り、家具の規範原型の研究を行う。戦後は通産省産業工芸試験所意匠部長を経て、34年豊口デザイン研究所を設立。同時に武蔵野美大工芸工業デザイン学科主任教授に迎えられ、51年の退職まで後進の指導にあたった。著作に「デザイン戦術」「型而工房から―豊口克平とデザインの半世紀」など。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典「豊口 克平」の解説

豊口 克平 (とよぐち かつへい)

生年月日:1905年11月16日
昭和時代;平成時代のインダストリアル・デザイナー。豊口デザイン研究所会長;武蔵野美術大学教授
1991年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

榷場

中国,宋代に北・西方の外民族との貿易を管理するため国境におかれた官庁。 榷務,榷署とも呼ばれる。太平興国2 (977) 年,契丹との交易のため設けられたのに始り,景徳4 (1007) 年西夏との間にお...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android