型而工房(読み)けいじこうぼう

百科事典マイペディアの解説

型而工房【けいじこうぼう】

第2次大戦前の日本で,家具等の室内工芸品の標準規格化を図り,量産製品の大衆への普及の基盤づくりを目指した建築家,デザイナーのグループ。1928年,蔵田周忠豊口克平小林登,中島賢次,斎藤(石川)四郎,手塚敬三,高橋実,伊藤幾次郎らが結成。特にドイツ留学で蔵田が触れたバウハウスの思想の影響が大きかった。家具等の部材の規格を定め,寸法の統一を図り,組立工程合理化といった研究が行われた。日本の生活にあった量産椅子の試作モデルの開発や,組み合わせ家具の製品化など実践面でも成果を残した。1940年解散。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

きゃらぶき

魚貝類や野菜類をしょうゆで佃煮(つくだに)のように煮るものをきゃら煮というが、きゃらぶきは、フキの茎をきゃら煮風に煮たもので、初夏のフキを用いてつくるのがよい。フキの葉を切り落とし、茎は日干しにしてか...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android