コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

型而工房 けいじこうぼう

1件 の用語解説(型而工房の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

型而工房【けいじこうぼう】

第2次大戦前の日本で,家具等の室内工芸品の標準規格化を図り,量産製品の大衆への普及の基盤づくりを目指した建築家,デザイナーグループ。1928年,蔵田周忠豊口克平,小林登,中島賢次,斎藤(石川)四郎,手塚敬三,高橋実,伊藤幾次郎らが結成。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

型而工房の関連キーワード起債市場財閥無産政党アバンゲール外地熟蕃生蕃戦前戦前派工芸品

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone