コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

豊名賀造酒太夫(2代) とよなが みきたゆう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

豊名賀造酒太夫(2代) とよなが-みきたゆう

1738-1794 江戸時代中期-後期の浄瑠璃(じょうるり)太夫。
元文3年生まれ。常磐津(ときわず)節の初代豊名賀造酒太夫の弟子。安永8年2代をつぐ。師の没後,常磐津富士太夫をへて天明4年2代常磐津造酒太夫を襲名。2代常磐津文字太夫のワキをかたった。寛政6年2月18日死去。57歳。前名は豊名賀富士太夫。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

豊名賀造酒太夫(2代)の関連キーワード知識学ロベスピエール松前広長ボルテールベッカリーア島津華山鳥羽屋里長(初代)中島勘左衛門(3代)鳥羽屋里長(初代)ベッカリア

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android