コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

豊国法師 とよくにのほうし

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

豊国法師 とよくにのほうし

?-? 6世紀末ごろの僧。
日本書紀」によれば,用明天皇2年(587)病気にかかった天皇が仏教に帰依(きえ)しようとして群臣にはかった。賛否両論の中,蘇我馬子(そがの-うまこ)が賛成したので,豊国法師が穴穂部(あなほべの)皇子にみちびかれて内裏にはいったという。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

豊国法師の関連キーワード八幡信仰