コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

豊島久真男 とよしまくまお

2件 の用語解説(豊島久真男の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

豊島久真男
とよしまくまお

[生]1930.10.5. 大阪
腫瘍学・ウイルス学者。 1954年大阪大学医学部卒業,59年同大学院修了。大阪大学教授,東京大学医科学研究所教授,同所長,大阪大学微生物研究所長,大阪府立成人病センター総長などをつとめる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

豊島久真男 とよしま-くまお

1930- 昭和後期-平成時代の病理学者。
昭和5年10月5日生まれ。阪大教授をへて,昭和54年東大教授となり,62年同大医科学研究所所長。平成2年阪大微生物病研究所所長。6年大阪府立成人病センター総長。サルク-ファミリーがん遺伝子の研究で,昭和62年学士院賞。平成10年文化功労者。13年文化勲章。大阪出身。阪大卒。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典内の豊島久真男の言及

【癌】より


【癌化の機序】
 1970年以降の20年間に,癌細胞は癌遺伝子や癌抑制遺伝子等の遺伝子異常に起因することが明らかになった。初めて癌遺伝子の存在を実証したのは豊島久真男らである。彼らは1969‐71年にラウス肉腫の温度変異株を用いる実験系を通じ,細胞のトランスフォーメーション(培養内癌化)を起こすには,ある一つの遺伝子の産物が存在すれば必要十分であることをつきとめた。…

※「豊島久真男」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

豊島久真男の関連キーワード古生物病理学飯島宗一岩井弘融北村幸彦田沢仁螺良義彦土居養二林秀男藤田晢也与良清

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone