豊後別府湾ちりめん

事典 日本の地域ブランド・名産品の解説

豊後別府湾ちりめん[加工食品]
ぶんごべっぷわんちりめん

九州・沖縄地方、大分県の地域ブランド。
大分県別府湾で漁獲された片口いわしの稚魚を原料とし杵築市・日出町・別府市で加工したちりめんじゃこ。漁獲後に鮮度を保ちながら釜上げし、丁寧に天日干しされる。食の安全にこだわり、短時間で製造される。なお、潮の風味がする獲れたての生ちりめんも現地では味わえる。2007(平成19)年7月、特許庁の地域団体商標に登録された。商標登録番号は第5063726号。地域団体商標の権利者は、大分県漁業協同組合。

出典 日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」事典 日本の地域ブランド・名産品について 情報

今日のキーワード

iDeCo

個人型確定拠出年金と呼ばれる任意の私的年金制度のひとつ。加入者が毎月決まった金額を積み立てて、金融機関が用意する定期預金・保険・投資信託といった金融商品から運用方法を選び、60歳以降に年金または一時金...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android