豊松東十郎(初代)(読み)とよまつ とうじゅうろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

豊松東十郎(初代) とよまつ-とうじゅうろう

?-? 江戸時代中期-後期の人形浄瑠璃(じょうるり)の人形遣い。
初代豊松重五郎の弟子。前名は豊松藤十郎。宝暦(ほうれき)14年(1764)大坂豊竹座に初出演。明和8年東十郎に改名し,寛政(かんせい)の初め北堀江市(いち)の側(かわ)芝居の立者(たてもの)となった。文化(1804-18)の末ごろ死去したという。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

一代年寄

相撲界に大きな功績を残した力士に認められる年寄のことで,理事会が決定する。日本相撲協会にある 105の年寄名跡のほかに,力士名がそのまま年寄名とされる。資格は本人1代かぎりで,定年または廃業すれば自然...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android