コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

豊松東十郎(初代) とよまつ とうじゅうろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

豊松東十郎(初代) とよまつ-とうじゅうろう

?-? 江戸時代中期-後期の人形浄瑠璃(じょうるり)の人形遣い。
初代豊松重五郎の弟子。前名は豊松藤十郎。宝暦(ほうれき)14年(1764)大坂豊竹座に初出演。明和8年東十郎に改名し,寛政(かんせい)の初め北堀江市(いち)の側(かわ)芝居の立者(たてもの)となった。文化(1804-18)の末ごろ死去したという。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

豊松東十郎(初代)の関連キーワード人形浄瑠璃人形遣い

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android