豊田小太郎(読み)とよだ こたろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

豊田小太郎 とよだ-こたろう

1834-1866 幕末の武士。
天保(てんぽう)5年生まれ。豊田天功の長男。常陸(ひたち)水戸藩士。下間良弼(しもつま-りょうひつ)らに蘭学をまなぶ。安政4年京都で攘夷(じょうい)建議書を青蓮院宮(しょうれんいんのみや)らにさしだしたため,帰藩後謹慎。のち京都本圀寺(ほんこくじ)警衛の水戸藩尊攘派にくわわるが,京都中心の独自の開国論をとなえ,慶応2年9月2日同藩士に暗殺された。33歳。名は靖。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

医療過誤

診療過誤ともいい,医療行為一般の誤りをさす。医学知識の不足,医療技術の未熟,診療行為の全体としての疎漏さ,不適切な薬剤や医療器具の使用などが原因となる。具体的には誤診,診断の遅延,手術過誤,注射事故,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android