コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

開国論(読み)かいこくろん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

開国論
かいこくろん

江戸時代末期,鎖国令を撤廃し外国と国交を開くべきであると主張した意見。早くから本多利明本居宣長にもそれは認められたが,特に現実性をもったのはペリー来航以後である。幕府が諸大名に開国の是非を諮問した際,彦根藩主井伊直弼らは,通商交易による利益を説いた。このほか,福岡,掛川,佐倉,忍,津山の各藩主らは,それぞれ意味は異なるが開国に賛意を表わした。次いで通商条約締結の際には,薩摩藩ら4藩は通商に積極的で,このほか 16藩が通商に賛意を表わした。藩士層では,佐久間象山横井小楠らが貿易による利益を唱え,攘夷の不可を説いた。江川太郎左衛門,勝海舟ら幕臣にもこの意見が多かったが,開国論の根底には領土拡張,海外進出の発想があった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

開国論【かいこくろん】

江戸時代の鎖国廃止論。18世紀には本多利明本居宣長の開国論があるが,1853年のペリー来航以後現実的論議となり,1854年日米和親条約(神奈川条約)締結後は江川英竜(江川太郎左衛門),勝海舟らの幕臣も開国を提唱。1858年日米修好通商条約締結後は佐幕論と結合して尊王攘夷(じょうい)論に対抗した。
→関連項目開国(日本史)河井継之助黒船薩英戦争攘夷論長井雅楽明治維新

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

かいこくろん【開国論】

江戸末期、攘夷に反対し、鎖国を廃して欧米との外交関係を結ぶべしとした主張。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の開国論の言及

【海防論】より

…この状況が変わる重大な画期はアヘン戦争である。
[開国論と鎖国論]
 海防論はロシアの南下を阻止するための蝦夷地開発論として始まる。その最初とされる工藤平助の《赤蝦夷風説考》(1783稿)は,蝦夷地開発とともに,ロシアと交易を開き,同地での密貿易を禁ずると同時に,ロシアの事情をつまびらかにすることを説いているが,まだ防備にはふれていない。…

※「開国論」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android