コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

豊田氏 とよだうじ

世界大百科事典 第2版の解説

とよだうじ【豊田氏】

大和国山辺郡豊田(現,奈良県天理市豊田町)の中世土豪。豊田は石上(いそのかみ)神宮を祭祀する布留(ふる)郷の一村で,大和平野の東縁部のほぼ中央にある。豊田氏は南北朝内乱期から台頭し,豊田中坊が興福寺衆徒(僧兵)に起用され,豊田城に拠った。1430年(永享2)に隣接の井戸氏と戦ったが,筒井氏の援助をもとめたため,反筒井氏の越智氏ら南大和衆が井戸氏を助けて決起,長期の大和南北合戦となり,応仁・文明の乱に移行する。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

豊田氏の関連キーワード豊田(山口県)豊里(茨城県)上郷(茨城県)豊田[町]常総(市)

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

豊田氏の関連情報