コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

豊田頼英 とよだ らいえい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

豊田頼英 とよだ-らいえい

1403-1490 室町時代の武将。
応永10年生まれ。大和(奈良県)興福寺の衆徒(しゅと)。越智(おち)氏にくみし,筒井氏やその一族の成身院光宣と抗争。康正(こうしょう)元年畠山義就(よしなり)とともに筒井順永(じゅんえい)を河内(かわち)(大阪府)に追い,官符衆徒の筆頭となる。寛正(かんしょう)3年東寺領河原城荘の代官職をうけおう。晩年に権律師(ごんのりっし)となった。延徳2年8月23日死去。88歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

豊田頼英の関連キーワードウースター(伯・侯家)ネッリパーシー辺文進勘合貿易遣明船(年表)足利義稙ウラディスラフ2世ヤゲロウェツサンガッロ慈照寺UCC上島珈琲

今日のキーワード

テロ支援国家

国際的なテロリズム組織を資金や物資などの面から援助している国家。[補説]特に、米国国務省が作成する報告書で指定を受けた、イラン・スーダン・シリアの3か国のこと。北朝鮮は1988年1月に指定、2008年...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android