コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

象徴行動 しょうちょうこうどうsymbolic behaviour

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

象徴行動
しょうちょうこうどう
symbolic behaviour

なんらかの象徴を利用して行われる行動。人間の言語行動はその代表的なものである。動物は象徴をどの程度利用しうるかという問題については必ずしも意見が一致しない。動物の行動のテスト法のうち,遅延反応事態や二重交替反応事態 (→二重交替課題 ) においては,眼前の刺激によらない行動が要求されるので,これらの行動は象徴を利用して遂行されると解されて,象徴行動と呼ばれることもある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

象徴行動の関連キーワードケネス バーク

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android