コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

貝塚 茂樹 カイヅカ シゲキ

20世紀日本人名事典の解説

貝塚 茂樹
カイヅカ シゲキ

昭和期の中国史家 京都大学名誉教授;東方学会会長。



生年
明治37(1904)年5月1日

没年
昭和62(1987)年2月9日

出生地
東京・麻布

旧姓(旧名)
小川

学歴〔年〕
京都帝国大学文学部東洋史学科〔昭和3年〕卒

主な受賞名〔年〕
朝日文化賞〔昭和22年〕「古代中国史の研究」,毎日出版文化賞〔昭和37年〕「諸子百家」,勲二等瑞宝章〔昭和49年〕,文化功労者〔昭和51年〕,文化勲章〔昭和59年〕,京都市名誉市民〔昭和59年〕

経歴
昭和7年京大人文科学研究所の前身・東方文化研究所に入り、24年4月教授、10月人文研所長に就任。43年退官、名誉教授。日本学術会議会員、東方学会会長など歴任。中国古代史研究で初めて甲骨ト辞(ぼくじ)や金文などの出土資料の史料的価値に着目し、資料を用いた研究法を創始した功績により、59年文化勲章受章。弟の湯川秀樹氏(物理学)に次ぐ兄弟受章。著書は「中国古代史学の発展」「中国古代の精神」「孔子」「中国の古代国家」「諸子百家」「毛沢東伝」「古い中国と新しい中国」など多数。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

貝塚 茂樹 (かいづか しげき)

生年月日:1904年5月1日
昭和時代の中国史家。京都大学教授;東方学会会長
1987年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

貝塚 茂樹の関連キーワード司馬遷(中国、前漢の歴史家)春秋戦国時代黄河文明小川環樹小川琢治貝塚啓明貝塚茂樹正字通甲骨学甲骨文殷墟史記

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

貝塚 茂樹の関連情報