コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

円融 えんにゅう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

円融
えんにゅう

仏教用語。それ独自の立場を保ちながら,しかも他のものと完全に一体となって,互いにとけあい妨げのないこと。差別がありながらしかも平等一体であることを表わす。互いにへだてがあって別々であることを隔歴 (きゃくりゃく) というのに対する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

えんゆう【円融】

仏教の思想用語の一つ。〈えんにゅう〉ともいう。主として天台華厳宗で用いる。個物実体と,対立観を否定し,真実に存在するものを縁起とし,不可得空とする仏教の根本真理を,さらに論理化し体系づけたもの。すなわち,事と理の完全な相即相入,または融合を説いて,事理事事・理理の三種円融とし,空仮中の三諦を,総別・同異・成壊という六相円融に分けるなど,相対即絶対の思考を強めるのが特色で,日本仏教で,衆生本来仏という独自の本覚思想を展開させる根拠となる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

えんゆう【円融】

〔連声で「えんにゅう」とも〕
〘仏〙 個々のものが、それぞれの立場を保ちながら融和し、さまたげのないこと。完全にとけあっていること。天台宗・華厳宗の教理で多く使われる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の円融の言及

【円融】より

…個物の実体と,対立観を否定し,真実に存在するものを縁起とし,不可得空とする仏教の根本真理を,さらに論理化し体系づけたもの。すなわち,事と理の完全な相即相入,または融合を説いて,事理・事事・理理の三種円融とし,空仮中の三諦を,総別・同異・成壊という六相円融に分けるなど,相対即絶対の思考を強めるのが特色で,日本仏教で,衆生本来仏という独自の本覚思想を展開させる根拠となる。【柳田 聖山】。…

※「円融」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

円融の関連キーワード愛知県西尾市吉良町宮迫埼玉県秩父市下影森藤原今子(2)儀同三司の母後小松天皇藤原こう子道朝法親王大中臣能宣円融三諦三諦即是一条天皇藤原安子一心三観果ての年良峰美子藤原実頼為平親王東三条院融通念仏崇賢門院

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

円融の関連情報