円融(読み)えんにゅう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

円融
えんにゅう

仏教用語。それ独自の立場を保ちながら,しかも他のものと完全に一体となって,互いにとけあい妨げのないこと。差別がありながらしかも平等一体であることを表わす。互いにへだてがあって別々であることを隔歴 (きゃくりゃく) というのに対する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

えんゆう【円融】

仏教の思想用語の一つ。〈えんにゅう〉ともいう。主として天台華厳宗で用いる。個物実体と,対立観を否定し,真実に存在するものを縁起とし,不可得空とする仏教の根本真理を,さらに論理化し体系づけたもの。すなわち,事と理の完全な相即相入,または融合を説いて,事理事事・理理の三種円融とし,空仮中の三諦を,総別・同異・成壊という六相円融に分けるなど,相対即絶対の思考を強めるのが特色で,日本仏教で,衆生本来仏という独自の本覚思想を展開させる根拠となる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

えんゆう【円融】

〔連声で「えんにゅう」とも〕
〘仏〙 個々のものが、それぞれの立場を保ちながら融和し、さまたげのないこと。完全にとけあっていること。天台宗・華厳宗の教理で多く使われる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

えん‐にゅう ヱンユウ【円融】

〘名〙 「えんゆう(円融)」の連声
※大観本謡曲・兼平(1548頃)「円融(ヱンニュウ)の法も曇りなき」

えん‐ゆう ヱン‥【円融】

〘名〙 (「えんにゅう」と連声になることが多い) 仏語。それぞれの立場を保ちつつ完全に融けあって一体となり、相互にさまたげのないこと。完全に円満なこと。これに対し、互いにへだてあって、別々であることを隔歴(きゃくりゃく)という。円融と隔歴の関係は、無差別と差別、絶対と相対という関係に近い。天台宗、華厳宗などをはじめ諸宗で多く用いる。
※本朝文粋(1060頃)一三・為仁康上人修五時講願文〈大江匡衡〉「円融亭午、寂滅平西」
ささめごと(1463‐64頃)上「仏法の円教円融に至りて万象を捨てざる心は」 〔首楞厳経‐四〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の円融の言及

【円融】より

…個物の実体と,対立観を否定し,真実に存在するものを縁起とし,不可得空とする仏教の根本真理を,さらに論理化し体系づけたもの。すなわち,事と理の完全な相即相入,または融合を説いて,事理・事事・理理の三種円融とし,空仮中の三諦を,総別・同異・成壊という六相円融に分けるなど,相対即絶対の思考を強めるのが特色で,日本仏教で,衆生本来仏という独自の本覚思想を展開させる根拠となる。【柳田 聖山】。…

※「円融」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

檄を飛ばす

自分の主張や考えを広く人々に知らせ同意を求める。また、それによって人々に決起を促す。飛檄。[補説]誤用が定着して「がんばれと励ます」「激励する文書を送る」という意味でも用いられる。文化庁が発表した「国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android