コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

貞常親王 さだつねしんのう

1件 の用語解説(貞常親王の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

貞常親王 さだつねしんのう

1426*-1474 室町時代,後崇光院の第2王子。
応永32年12月19日生まれ。文安2年兄の後花園天皇の猶子,親王となる。父の跡をうけ,伏見宮家第4代。のち式部卿,二品にすすんだ。文明6年7月3日死去。50歳。著作に「山賤記」,歌集に「魚山百首」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

貞常親王の関連キーワードクリムハン国宣徳大灯語録ファンアイク今須後撰和歌集三浦の乱戴進李在粟田口隆光

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone