コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

貞愛親王 さだなるしんのう

2件 の用語解説(貞愛親王の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

貞愛親王

没年:大正12.2.4(1923)
生年:安政5.4.28(1858.6.9)
明治期の皇族軍人。伏見宮邦家親王の第14子。母は鷹司政煕の娘景子。明治5(1872)年伏見宮の家督を相続,同年フランス語研究のため大学南校へ。陸軍入りを志願し,陸軍幼年学校,陸軍士官学校に入学。西南戦争(1877)には自ら出征を懇願,3月征討参軍山県有朋に随行,4月征討総督本営付として熊本城に入城,以後第4旅団に属し鹿児島での戦闘に参加した。17年から高等戦術研究のため陸軍大学校へ通い,このころ英・独語および欧州各国の事情研究を行う。18年8月から1年間欧州各国を歴訪,うち約半年はベルリン大学で政治,憲法を研究した。日清戦争では歩兵第4旅団長として28年2月の威海衛占領に参加,8月には混成第4旅団長として台湾鎮圧に赴いた。日露戦争(1904~05)では,第1師団長として出征,第2軍の指揮下に入り,南山の戦いで勲功をあげた。37年6月陸軍大将となり,同師団は乃木希典大将率いる第3軍の指揮下に入ったが,旅順攻略に先立つ7月突如大本営付に転任の命を受け,失望。帰国後はセントルイス万国博覧会に参列のため米国に行き,翌年1月まで米国主要都市を訪問して交歓に努めた。39年にはガーター勲章答礼使として渡英。明治天皇の信任厚く,その名代としての任務も多く,明治天皇死去の際は大喪使総裁,大正天皇即位(1912)ののち約3年は内大臣府出仕として天皇を輔佐した。大正4(1915)年元帥。帝国在郷軍人会をはじめ大日本武徳会,大日本農会などの総裁も務めた。<参考文献>伏見宮家『貞愛親王事蹟』『貞愛親王逸話』

(田浦雅徳)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

貞愛親王の関連キーワード伏見宮邦家親王伏見宮邦高親王伏見宮貞愛親王伏見貞教親王北白川宮賀陽宮東伏見宮山階宮久邇宮東伏見宮依仁親王

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

貞愛親王の関連情報