伏見宮貞愛親王(読み)ふしみのみや さだなるしんのう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

伏見宮貞愛親王 ふしみのみや-さだなるしんのう

1858-1923 明治-大正時代の皇族,軍人。
安政5年4月28日生まれ。伏見宮邦家親王の子。明治5年伏見宮家21代をつぐ。6年陸軍幼年学校にはいり,8年任官。西南戦争,日清・日露戦争に従軍。37年陸軍大将,翌年軍事参議官。大正4年元帥。大日本農会,在郷軍人会などの総裁も歴任した。大正12年2月4日死去。66歳。幼称は敦宮(たつのみや)。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

寒暖差アレルギー

寒暖の差により鼻の奥の毛細血管が詰まり、鼻の粘膜が腫れることで起きる鼻炎。医学的には血管運動性鼻炎の一種とされる。多くの場合秋から冬にかけて1日の寒暖差が大きい時期や冷房による急な温度変化などにより起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android